自分が充実するためのセフレ

セフレをつくる理由をだれかに訊くとすると、訊かれたほうからすれば、「そんなこと言わせるな!」と思うかもしれませんね。
しかし、単に「セックスがしたいから」ということであれば、「セフレ」という関係ではなく、「恋人」をつくるということでもかまわないはずです。

実はそこには、もしかしたらセフレの関係にある人妻たちでも気付いていないかもしれない大きなメリットがあるのです。

恋人というのは、身体の関係だけではなく、精神的な部分まで深く踏み込んだ付き合いをしなければならないという部分に、人妻のセフレという関係に見られる「気軽さ」がないというのが、ひとつのマイナスポイントとなりえてしまうのです。

現代人の中でも特に人妻はとにかく日々ストレスの多い生活を送っているわけですから、そうしたストレスから解放されるために、敢えて新たなストレスの元になる可能性もある「恋人」ではなく、「セフレ」という関係を無意識のうちに求めているのかもしれません。

恋人のように深い付き合いではないだけに、困ったときや力になってほしいときに頼れないと考える人妻もいるようですが、実はそんなことはありません。

本当に頼れるのは、遠くにいる妻や夫や恋人よりも、すぐ近くにいるセフレだったというケースはまったく珍しくはないのです。

つまり、人妻のセフレというのは「自らの充実」のための存在であると言っても過言ではないのかもしれません。

ただ、そのことに気づいていない人は意外と多いのではないでしょうか。

セフレに対する男と女の考え方の違い

セフレとは「セックスフレンド」を略した言葉です。肉体関係により結びついた関係であり、そこには恋愛感情は一般的にありません。

特に男性にとってはセフレの女性は、ただ性的な欲求を解消するための道具でしかなく、そこには相手に対する思いやりや優しさなどは期待できないないということを女性はしっかり意識しておく必要があります。

男性と女性ではセフレに求めるものや考え方に少し違いがあります。
以下にその違いを少し解説してみたいと思います。

【男性の場合】
男性はセフレにセックスの経験豊富な女性を求める人が多いようです。
やはりセフレを選ぶなら男性を喜ばせるすべを知っているテクニックのある女性がいいです。
また、体の関係だけでそれ以上の関係を求めていないお互いに割り切った関係を楽しめる彼氏持ちや既婚者を選ぶ男性が多いです。
普通恋人なら初めの男性になりたいと思う男性、処女を好む男性は多いですが、セフレは逆に経験豊富な女性を求める傾向があります。

【女性の場合】
彼氏と異なる特徴を持つ男性や彼氏とは違う人と関係をもつことで刺激を得たいと思う女性が多いようです。
ですが、女性の場合は男性とは違いセフレに感情移入し次の彼氏候補に内心している女性は多いのです。
逆にただの二股がセフレに転じるというケースもあります。
相性が良いので体の関係だけはやめられないというわけです。
概して女性は男性よりは情緒的で、ただの性的欲求だけではなく、好きだからエッチしたという風に思う女性が多いようです。