脱毛エステ形
ホーム > 交際クラブ > 愛人希望の女性を募集したり探す時には交際クラブです

愛人希望の女性を募集したり探す時には交際クラブです

交際クラブで知り合った女性との交際デート中で彼氏の相談を受ける事があります。

 

 

女性の恋愛相談で良くある質問に彼氏に浮気されてしまい、どうしたらいいかわからず、別れたほうがいいと言うアドバイスから、一度くらいは許してあげる、などと様々です、

3年目の浮気の歌にあるように、相手の男性のタイプによります。

交際期間にもより状況が個々にすべて違うので少し結論は出しにくい内容です。

男性の仕事からも女性の好みのジャンルが別れる統計も出ています。

肉体系の仕事をしている男性は色気のある女性の好みが多いや、理系の男性は同じく繊細で気がきく女性が好みや、また理想の女性像は普段は清楚で2人のプライベートタイムは悪女になってくれる女性がタイプとか人それぞれ、男の操縦方法を車の運転とS○Eの時は主導権を持たせてあげると浮気もなくうまく付き合えると言っています。

相手の男性が今の交際に何かの不満を抱いているからではないでしょうか?

また一方的に女性が悪いなどともいえない浮気癖の男性もいるのも事実です。

では浮気をしたくなる状態はどうでしょう。

時間を持て余している、女性の多い職場、飲みに行くことが多い、この時に彼女ではなくて他の女性に現を抜かすのはやはり魅力に欠けるからなのか飽きてきたからなのかとの結論も導き出せます。

倦怠期とでもいいましょうか、魔が刺したなど言い訳は様々です。

夫婦に於いては同じ空間にいるのも嫌悪感になる女性もいるのも事実です。

浮気しないのが一番ですが仮にもし相性に問題があるのなら一度セカンドオピニオンならぬセカンドラブをしてみるのももう一度愛の再確認する意味でも必要なのかも知れません。

女性が手っ取り早くセカンドラブする方法は沢山ありますが、経済的なサポート付きのデートクラブの男性もおススメかも知れません。

 

恋愛では一度好きになると突き進むタイプとなかなか恋のスイッチが入りにくいに分かれます。

交際クラブで出会った相手とはクールで加熱しない関係で交際を継続出来るのでなかなかいいものです。

一度好きになると周りが見えなくなる、または相手のわがままもすべて受け入れてしまう人がいます。

そこまで相手を好きになれるのは羨ましい限りですが、壺にはまったポイントが必ずあるのですがその人が愛する相手のパーツに魅せられている為に周りが見えなくなりハマってしまう、これは男女共によくあるパターンではあります。

自分に欠けているものや、憧れの部分や、過去の自分の記憶の中に大事にしまってあるフェティシズムの部分です。

お互いに持ち合わせる場合の交際は両想いになり、片方の思いだけのパーツなら片思いや喧嘩が絶えないカップルになります。

それはこのパーツを失いたくないと言う恐怖や失望感に襲われるのが耐えきれないからでそこで序列関係が出来てしまいます。

ではなかなかスイッチが入りにくい人とはパーツへの憧れがない人と言う事になります。

まあそこまで深く考えてない人もいますが異性にときめかない人や相性が良くなかった経験や過去に貶されるとか否定された経験の人になります。

それはどちらのタイプの誰でも自由に想像や空想の世界で憧れやときめきを抱くものだからです。

芸能人を好きになる気持ちと似ています。

好きになりすぎるタイプは行きすぎると俗に言うストーカーになる可能性も秘めてしまいます。

ではどうやって気持ちをコントロールすればいいのか?

数の論理で、経験を増やすや、場数をこなすなどがありますが、クールな気持ちや平常心を保つ方法は同じクオリティのセカンドラブの相手を同時に見つけて同時交際するしか道はありません。

ただこの方法は一般男性にはハードルが高いです、なぜなら金銭的に負担がかかるからです。

それ以外に残された富裕層には可能なのです。

モデルや芸能関係や一般女性でもクオリティの高い女性が在籍している愛人との出会いなら交際クラブが存在するからです。

女性はと言うと壺にはまるパーツはなかなか一般的にはセカンドラブでは見つかりませんが大人の魅力や紳士の魅力など経済力と言うパーツを持ち合わせる男性は交際クラブに登録するとすぐに見つかります。

 

自動車のハイブリッドは当たり前の時代に、恋のハイブリッドもある一部の交際クラブなどでは以外に進んでいます。

掛け持ちの男女交際は」男性も女性も当り前の時代です。

方やお金のアルバイト的なバイト感覚に方や真剣な交際に様々です。

家庭の主婦が主人に内緒のアルバイト、女子学生は彼氏に内緒でキャバクラのアルバイト、OLさんも仕事が終わってホステスのバイトなど皆様々にセカンドアルバイトに精を出せる時代が来ています。

主婦の幼稚園や保育園での出会いや、女子大生は彼氏に内緒でキャバクラのお客さんと店外デート、実家から通いのOLさんは彼氏に内緒で同伴出勤、時間を有効に使いセカンドラブに仕事の延長とはいえ出会えます。

でもどうせセカンドラブになるのなら実のある恋がベストだと思います。

玉の輿の可能性のあるセカンドラブが出来るなら女性も積極的になります。

愛人と言う言葉が死語になった今はパパ活ならぬ個人スポンサーが時代の先端に来ています。

恋にお金が付くのをいやがった時代は昔です。

現代はブラックカードやゴールドカードを持つお金持ちは個人スポンサーをしたい人が中高年紳士には大勢います。

またそんあ富裕層の紳士が沢山在籍しているデートクラブもあります。

そんな裕福な時代ならハイブリッドの恋も全?ありではないでしょうか?

俗物的に見ると女性はお金持ちでイケメンな人と恋に落ちたい願望があります。

貧乏な恋はお断り、それは愛や恋はお金では買える時代が来てしまっている現実ではないでしょうか。

中高年男性もこの手を利用して綺麗な女性と交際をするのは普通にアリの時代が来ています。